ワークステーション工法

ワークステーション工法とは?

それは煙突のことを知り尽くした当社が独自に考案した油圧によって上昇・降下ができる
自動足場装置です。私どもは、それをワークステーション(作業場)と命名しました。

ワークステーション工法

安全で確実な油圧方式を採用

足場システム
  • 脚部よりマストを継ぎ足すので、高所での作業はありません。
  • 作業環境が一定で、盛り替え作業はありません。
  • 最大高さ200mまで可能です。(実績:160m)
  • システムの連動により、長尺にも対応します。
  • 昇降は、集中シンクロシステムにより、水平保持します。
揚重システム
  • 80ton/基の能力で、重量物の揚重が可能です。
  • システムの連動により、超重量物にも対応します。
ワークステーション工法

ステージ足場組立

ワークステーション工法

ステージ組立完了

ワークステーション工法

ステージ上昇(最上段)

Point 主な特長

  • 高所での足場の組立・解体作業を大幅に無くしました。
  • 重大災害につながる開口部・すき間も無くなりました。
  • 自動化により、作業員の重労働の負担が大幅に低減。
  • 200箇所以上の工事現場で採用実績。(平成25年度末時点)
  • もちろん重大災害はゼロ。

施工例

Back to Top